« 6.河内村から北海道への開拓移住者について | トップページ | 2-1.白峰村から北海道への開拓移住者について »

2015年2月20日 (金)

1.白山麓5村から北海道への開拓移住者について

白山麓に於いても洪水、土砂崩壊等で北海道へ移住を余儀なくされた歴史があります。
これらの事項を村史から、開拓した子孫の方々からの聞取りにて歴史の記録として残しておきたいと思っています。 小生の住む白山市から北海道へ移住した人々について調べることとしました。

平成の大合併で1市(松任市)、2町(美川町、鶴来町)、5村(白峰村、尾口村、吉野谷村、鳥越村、河内村)が合併し白山市となりました。いわば海抜0mから白山の頂上2,702mまでの高度差があり、石川県で最も広い行政区域でもあります。
 この白山を源とする手取川流域には多くの人達の生活があり、水との苦闘の歴史もありました。その水害の結果、多くの村落から北海道への移住開拓の夢を託し、移住した記録がありました。

 平成の大合併により、合併後の各町村役所は支所として存続していますが、これらの支所も本庁に統廃合され、昔の歴史を知る人々が高齢化してきました。
いずれ支所の中の歴史の資料等が解体後の行先もなく逸散され、歴史が途絶えると、面談して頂いた古老の方は深く憂慮されていたのが印象に残っています。
 今回、白山麓からの開拓移住者について村史、開拓団記念誌から調査したことを記録しましたが、他所の村史や開拓団の記録から新しい発見や、記録した箇所の間違いが判明すると思われますので、その都度修正し、改定していきたいと思っています。
 また、記録として後世に残すための方策を今後検討していきたいとも思います。
読者の皆様の中で渡道された方の情報等がありましたらご連絡いただければ幸いです。

以前の作成しました「白山麓からの開拓移住者たち」は白山麓5村のことをまとめてPDFとしてブログにアップできたのですが、そのブログが廃止になりましたのでPDFがアップ出来るブログを探して引っ越しをしてまいりました。
ファイル容量が1MBとなっている関係で文章を各村の単位で掲載してあります。

« 6.河内村から北海道への開拓移住者について | トップページ | 2-1.白峰村から北海道への開拓移住者について »

白山麓から北海道への開拓移住者Ⅰ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084752/58942065

この記事へのトラックバック一覧です: 1.白山麓5村から北海道への開拓移住者について:

« 6.河内村から北海道への開拓移住者について | トップページ | 2-1.白峰村から北海道への開拓移住者について »