« 2-2.北海道奈井江町の白山部落開拓の歴史 | トップページ | 4-1.鳥越村から北海道への開拓移住者について »

2015年2月28日 (土)

3.尾口村から北海道への開拓移住について

尾口村からは30~40戸が北海道へ移住しました。
女  原から明治22年頃に10戸位が北海道へ集団移住しました。
東二口から明治29年頃に水害により戸数は不明であるが北海道へ移住となっています。
釜  谷から明治31年の大火で5~6戸が北海道へ移住しました。
鴇ケ谷から明治末期10戸位が北海道へ集団移住しました。
東荒谷から明治末期数戸が北海道へ集団移住しました。
資料より集計すると、明治22年から明治末期まで約30~40戸が北海道へ開拓移住したことになります。
明治中期~末期までの戸数は約800戸であった。


「尾口村からの開拓移住」をPDFで閲覧ください

« 2-2.北海道奈井江町の白山部落開拓の歴史 | トップページ | 4-1.鳥越村から北海道への開拓移住者について »

白山麓から北海道への開拓移住者Ⅰ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084752/59004630

この記事へのトラックバック一覧です: 3.尾口村から北海道への開拓移住について:

« 2-2.北海道奈井江町の白山部落開拓の歴史 | トップページ | 4-1.鳥越村から北海道への開拓移住者について »