« 移住後の回想録より | トップページ | 小松市の偉人「坂本竹次郎」の功績 »

2015年2月 8日 (日)

前田村の岩崎部落

岩崎部落について(共和町史より)

明治19年、秋田県湯沢市岩崎町の斎藤直治氏は能登・加賀の単独移民者68戸をもって札幌県後志国岩内郡梨野舞納村の前田地区の隣接地に団体移住し、この地を岩崎部落としている。これらの農業移住集団を岩崎団体といわれている。
前田地区には明治16年より加賀士族入植のための小屋掛け、種蒔き用の開墾がおこなわれ、翌17年~20年にかけて加賀士族が入植している。明治18年には岩内郡梨野舞納村を割き前田村とするよう札幌県令に義情願が出され、翌19年1月18日には許可されている。従って岩崎団体が入植した時には前田村となっていたのである。
入植時の記録を「共和町史」から読み解くと
入植時の条件は開墾地は地主2分、小作8分に配分することになっていた。
早く入地したのは宮崎佐平治氏で、新たに入植した人は宮崎氏宅をワラジ脱ぎ場としたので、部落の長老として尊敬された。後から入植した辻野太郎氏は文筆に優れていたので、
両氏が部落の重鎮となってその発展に寄与した。
Photo
次に明治28年に地主の斎藤直治氏と岩崎組合総代との間に結ばれた約定証券を下記に示す。

岩崎組合,約定証券
後志国岩内郡字岩崎学田ニ於テ拙者貸付許可並出願中ニ地面ノ岩崎組合総人数ハ是迄世話役ヨリ切渡シ置キタル地処ニ対シ左ノ条約相定メ候事
第1条 各名々ガ切渡シヲ得タル惣面積ノ内其8分ハ各小作人ノ所有トシ払下ゲノ節ハ直チニ各人ノ所有権ヲ有シ、登記引値スベキ事、但各義引値ニ付官庁ニ対スル裂地許可ヲ望ノ方法ハ其節別ニ協議ヲ逐クヘタ其費用並地代金登記料等一切ハ各人ノ負担タル事。
其1部ハ岩崎組合共有地トスル事、但其名前主ハ其節組合長名義トスベキ事。
其1部ハ拙者ノ所有タル事、但吾拙者分ノ1部及ビ所有地1部ニ付テハ切渡シヲ望ム各人ニ於テ小作ヲ為シ各其小作料ハ別ニ定ムル割合ニ依ルベシ。
第2条 現在小作人ニシテ他地方ヘ移動セントスルトキハ其小作地ヲ引受ケル約定アル小作料を収ムベキ代リ者ヲ定メタル上ニ出立スベキ事
第3条 各所有地ヲ他人ヘ売却セントスル時ハ岩崎組合惣役員ノ審議ヲ受クベキ事。
第4条 共有財産管理方ハ別ニ定ムル所ニ依ルヘシ。
第5条 公益及ビ組合必要ノ為メ道路堤防其他ニ使用セントスル時ハ何人モ異議ナタ承諾シテ其ノ所有権ヲ棄捨スベキ事。
第6条 猶約束スベキ事柄ノ本文ニ洩レ居ル所アル時ハ他日協議ノ上相定ムベキ事
    右之条約証券如件
    後志国岩内郡前田村字岩崎
              斎 藤 直 治 ○印
明治28年12月27日
 岩崎組合総代人 殿
   付記  登記書類其他1件書類ハ岩崎事務取扱者、宮崎佐平治
          昭和43年(孫宮崎與市所蔵)

斎藤直治
 秋田県岩崎町の住人、斎藤直治氏は石川県の能登・加賀から単独移民者68戸を以って岩崎組合を組織して、明治19年先導開拓に従事せり。
 開墾地は地主2分、小作8分に配分する約束にしていたが約定証券を示すまで約10年もかかったのである。

宮崎佐平治
 天保16年6月8日生
 明治19年斎藤直治の能登・加賀移民募集に協力し、自各戸募集の任に当たり、68戸となり、現地に移住せり。
 入地後は岩崎組合の世話役、総代人となり事務一切を担当す。
毎年移住者の出入り激しく分割割合等にても充分なる方法に至らず、明治28年春に至り、小作人に対して斎藤直治約定書を示すことになり、初めて永住者も大部分決定せり。
その際斎藤直治は岩内町の宮大工辻野井平に神社建設を依頼された。
宮崎佐平治にその監督を依頼した。この神社建築で今までの種々事項も和解の方向に向かい同年12月27日に斎藤直治氏の岩崎組合約定証券により事済となる。
大正9年10月の風害の為神社が損壊し、天照大神を前田神社に合祀してもらい現在に至っている。

起業社・岩崎部落の配置図 (共和町史より)
起業社関係のかたがたの記憶に基づいて、明治20年頃の住居の配置図をまとめたのが
下図である。
Img024



岩崎組合事務所名簿  (宮崎与市氏蔵)

« 移住後の回想録より | トップページ | 小松市の偉人「坂本竹次郎」の功績 »

旧加賀藩士が作った前田村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084752/58779990

この記事へのトラックバック一覧です: 前田村の岩崎部落:

« 移住後の回想録より | トップページ | 小松市の偉人「坂本竹次郎」の功績 »