« 4-2.鳥越村から移住した新篠津村の平安農場について | トップページ | 7.白山麓5村からの北海道移住者のまとめ »

2015年3月27日 (金)

5.吉野谷村からの北海道開拓移住者について

 吉野谷村からは120戸が北海道へ移住しています。
北海道への移住の動向について資料を検証していくと、吉野地区からは58戸で最も多く、全体の49%となります。

奈井江町の高島第一農場が16戸、池田町の高島第二農場が12戸で半分が高島農場の小作人として入植しているようです。

市原、木滑地区からは各々17戸が移住し、中宮地区からは16戸、佐良地区6戸、瀬波地区4戸、木滑新2戸となっている。合計120戸が開拓移住していることになります。
明治17年の戸数は683戸である。

「吉野谷村からの開拓移住」をPDFで閲覧ください

« 4-2.鳥越村から移住した新篠津村の平安農場について | トップページ | 7.白山麓5村からの北海道移住者のまとめ »

白山麓から北海道への開拓移住者Ⅰ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084752/59004883

この記事へのトラックバック一覧です: 5.吉野谷村からの北海道開拓移住者について:

« 4-2.鳥越村から移住した新篠津村の平安農場について | トップページ | 7.白山麓5村からの北海道移住者のまとめ »