« 白峰の味茶粥が復活の新聞記事より(1) | トップページ | 猿払村開村90周年によせて »

2015年7月 5日 (日)

白峰の味茶粥が復活の新聞記事より(2)

平成27年5月19日付けの北国新聞では白山麓の白峰村から北海道へ移住した村民が食していたという「茶粥」が18日に白山市白峰の「雪だるまカフェ」で振る舞われたとの記事がありました。

茶粥は茶袋に入れたほうじ茶を沸騰した水に加えて煮だした後、洗って水を良くきったコメを入れて、とろとろになるまで中火で煮込んで作る。
今回はコメは北海道産の「ゆめぴりか」を使い、付け合わせに北海道産のぬかニシンとニシンの昆布巻き、甘く煮込んだ花豆を用意した。
試食会を主催した雪だるま倶楽部は「今後も雪だるまカフェで提供できるように検討する」との記事でした。

20150519

« 白峰の味茶粥が復活の新聞記事より(1) | トップページ | 猿払村開村90周年によせて »

新聞記事から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084752/60606002

この記事へのトラックバック一覧です: 白峰の味茶粥が復活の新聞記事より(2):

« 白峰の味茶粥が復活の新聞記事より(1) | トップページ | 猿払村開村90周年によせて »