« 坂本竹次郎の足跡をたどる | トップページ | 内灘町と猿払村が友好都市協定締結 »

2015年9月27日 (日)

坂本竹次郎エピローグ

7月の北海道取材旅行から帰ると、一通のメールが届いていました。

「メ-ルにて、大変失礼致します。
坂本竹次郎について、ご掲載いただき、誠に有難うございます。
私は、坂本竹次郎の孫です。私の父、坂本竹男は、竹次郎の長男でございます。
私の両親もすでに他界しており、私自身、祖父のことが知りたくて、ネットで調べていましたら、こちらのブログを拝見しました。
私は、石川県に一度も訪れたことがなく、是非、祖父の生家、丸竹橋や神社にも訪れたいと思っております。」


北海道へは無線LANのFREESPOTに登録し、パソコンを持参していたのですが
ネット環境が悪く接続できませんでした。
もし、旅行中にメールを見ることが出来れば坂本木材の流送地についても少し調べられたのにと思いました。

帰宅後メールの主旨を滝ケ原の下坂様に連絡し、日高町の流送地である沙流川の写真を印刷し下坂様を訪問しました。
以前お聞きした下坂様のご両親は既に他界していましたので、沙流川の写真をお見せすることが出来ず残念に思いました。

私も坂本竹次郎について調べた「坂本竹次郎と流送」という冊子を坂本様の来訪までには製作することができました。

滝ケ原の方々と連絡、調整の結果、9月の某日に来訪頂くことが出来ました。
坂本様と滝ケ原町の方々とで竹次郎氏の寄贈された「丸竹橋」や「生家」、牧八幡神社跡の境内に設置されている坂本竹次郎氏の石像を案内しました。

Photo_2                         丸竹橋
Photo_3                        丸竹橋説明文

滝ケ原町に居住されている90才の故老の方とも面談することが出来、竹次郎氏が滝ケ原を訪ねて来た当時の思いでや、当時の貴重なお話を伺うこともできました。
滝ケ原八幡神社に寄進された石で出来た大鳥居を眺めて改めて祖父の偉大さが分かったと話されていました。

最後に竹次郎氏が旧の那谷小学校に寄進された「奉安殿」。この中には天皇皇后両陛下の写真と教育勅語が納められたそうですが、終戦後にGHQの命令で多くが取り壊されたそうです。
この奉安殿は破壊を免れ那谷寺の横に戦没者慰霊塔として移築されていました。


坂本様は「祖父が皆様と引き合わせてくれたのだと思います。これからは自分の為にではなく、人の為に出来ることをしなさいと教えているようだ」
と話されていたことが印象的でした。

東京都と滝ケ原の為に懸け橋となるような活動をしていただけると、私が調べた甲斐もあると思うのです。

今後は滝ケ原のことで新たなカテゴリーのページが開けるように祈念します。

「坂本竹次郎と流送1/4.pdf」を閲覧ください」

「坂本竹次郎と流送2/4.pdf」を閲覧ください」

「坂本竹次郎と流送3/4.pdf」を閲覧ください」

「坂本竹次郎と流送4/4.pdf」を閲覧ください」

« 坂本竹次郎の足跡をたどる | トップページ | 内灘町と猿払村が友好都市協定締結 »

小松からの開拓移住者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084752/61753769

この記事へのトラックバック一覧です: 坂本竹次郎エピローグ:

« 坂本竹次郎の足跡をたどる | トップページ | 内灘町と猿払村が友好都市協定締結 »