« 2015年9月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年10月

2015年10月19日 (月)

北海道さるふつ道の駅に内灘の特産物販売

平成27年10月18日付け 北国新聞記事より

内灘町と15日に友好都市を提携を結んだ北海道猿払村で、年明けにも、内灘の特産物が販売されることになった。
ホタテの水揚げ量日本一と知られる猿払村の道の駅「さるふつ公園」に常設コーナーを設け、サツマイモなど内灘の特産物を並べる。
提携第1弾の取組みとなり、町は魅力のある食材を通して内灘に関心を高めてもらい、交流発展につなげたい考えだ。

20151018
内灘産の農産物が販売される道の駅「さるふつ公園」はオホーツク海に面する国道238号沿いに立地する。売店やレストランと共に並ぶ「さるふつまるごと館」の中に内灘の食材を扱うスペースを設ける。
町側は扱う農産物としてサツマイモ「内灘金時」やコシヒカリ、ラッキョウ、西荒屋地区で特産化を目指しているピーナツ餅などを想定している。
町が窓口となって地元生産者に声を掛け、年明けにも北海道に直送できる態勢を整えていく。

これと同様に内灘町でも猿払村のホタテを販売する場所を設ける予定である。
猿払村のホタテ漁は、明治期に出稼ぎに来た内灘の漁師が指導して発展した経緯があり、町担当者は「先人が基礎を作った猿払村のホタテを内灘で食べられるようにしたい」と話している。

両町村は食をきっかけに、今後はスポーツや文化、教育など幅広い分野に交流の輪を広げていく方針である。

以上新聞記事を転載しました。

2015年10月18日 (日)

内灘町と猿払村が友好都市協定締結

平成27年10月15日 内灘町と猿払村が友好都市協定を猿払村で締結した。

内灘町と北海道の羽幌町は昭和55年(1980年)に姉妹都市になりました。
平成5年から子どもたちが姉妹都市を訪問し、相互の姉妹都市交流を行ってきました。
羽幌町へは明治時代にニシン漁に内灘町の漁師が出稼ぎに行き、ニシン漁が終わると猿払海岸の沖合まで出かけてホタテ貝漁に従事した記録があります。

羽幌町に出かけた漁師は羽幌町に定住するようになり、内灘町と交流が続き昭和55年には姉妹都市となり、産業や教育での交流が盛んになりました。

一方、猿払村は同じ北海道にあるため姉妹都市を増やすことはできなかったのです。

猿払村との交流は地道な交流であったと思われるのですが、近年になり友好都市という言葉が世界的な交流の中から出てきたこともあり、猿払村との協定締結に進んだのではないでしょうか。
姉妹都市と友好都市との意味合いは同じですが、世界的な潮流の中では対等な立場としての意味合いから友好都市という言葉が多様されるようになったのではないでしょうか。

内灘町と猿払村の応援団として今回の友好都市協定は以前から待ち望んでいたことでとても嬉しく思います。

10月16日付けの北国新聞の記事を転載します。
20151016

« 2015年9月 | トップページ | 2016年1月 »