« 加賀団体による倶知安町開拓(3) | トップページ | 加賀団体による倶知安町開拓(5) »

2016年1月30日 (土)

加賀団体による倶知安町開拓(4)

開拓地を訪ねて
明治29年加賀団体が入植し、その翌年の明治30年に比羅夫に真宗大谷派の説教所を開所し、円融寺と名付けました。
長万部から小樽に抜ける函館本線とほぼ並走して羊蹄国道の国道5号線が通っています。
倶知安町の約2km手前に目指す円融寺がありました。北海道の寺院は私達が見慣れている寺の形状と異なり、一見普通の家屋のようで気を付けて探さないと見落としてしまう恐れがあります。
P7150043                     (円融寺正面 )


P7150034                      (円融寺本堂)

円融寺に到着し、住職の奥様と思われる方にお話を伺うと「以前は檀家の方々が崇徳碑の前で供物を供え、沢山の方がお参りしたものだが近年お世話をする方々も高齢となりそのような行事もしなくなった」と寂しげに話されました。加賀団体が入植したソスケ地区の場所を教えていただきました。
P7150035                  (加賀団体入墾記念[崇徳碑])



P7150037_2                 (加賀団体入墾記念[崇徳碑])
P7150036
                    (崇徳碑碑文)

崇徳碑の前面には碑文が書かれています。
碑文
{此地文余ノ熊笹欝蒼タル大森林ニ蔽ハレ入墾両年ニシテ始メテ羊蹄ノ山容を看ル

明治二十九年石川県能美郡長野村寺井野村一帯は手取川の水禍で荒廃した八反田角太郎を総代とする加賀団体村民三十余人は流氓の宿命に甘んぜず翌三十年二月未知の辺境たる此の地すなわち羊蹄山麓下ソスケに入植した白雪皚々朔風破膚のこの処女地に当初仮小屋三戸のみ食糧をはじめ困苦は表現を絶した翌年古里に在った二十二戸も参加した字義通り風雪に挑んだ開拓の序章は冒頭に録した簡明勁烈な三行が最もよく伝える開拓者精神は米国だけでなく各国にある日本人もまた明治期以来北海道開拓に鮮烈にその精神を発揮した 米国の草の根民主主義は西部開拓の過程で確立された八反田角太郎先導下のこの一団は自助と互助による規律協和と円融を恵む宗教により日本の根生い民主主義を育てたこの一団に対する宮辺の援助は後代に比して実に僅少入植第一年の収穫は麦豆反当たり四斗に過ぎなかった 児孫のために美田を買わず先人は美田を創作し豊沃を後代に遺した元来祥語で文化とは耕やすことを言うすなわち先人は文化を創造したのであるこの偉業はまさに平和な民族発展の道標である開道百年に際し建立したのが父祖明治人の留魂の碑である

昭和四十三年八月十五日
北海道知事 町村金五書 」

« 加賀団体による倶知安町開拓(3) | トップページ | 加賀団体による倶知安町開拓(5) »

加賀団体による倶知安町開拓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084752/63665700

この記事へのトラックバック一覧です: 加賀団体による倶知安町開拓(4):

« 加賀団体による倶知安町開拓(3) | トップページ | 加賀団体による倶知安町開拓(5) »