« 2016北海道取材ノート(4) | トップページ | 2016北海道取材ノート(6) »

2016年8月17日 (水)

2016年北海道取材ノート(5)

平成28年7月   雨竜町図書室にて取材

20160721_115618
                 (雨竜町農村環境改善センター)


雨竜町史   昭和44年9月12日発行
雨竜百年史 平成2年11月30日発行

雨竜百年史の中で「明治33年以前に入植した者の現在本町居住者」の一覧表があり、この表によると秋田、長野、新潟、富山、和歌山、徳島、兵庫、愛知、奈良、福島、山形、香川と全国から入植している。

百年史の中で、「雨竜への移住者で富山県出身者が最も多く、その次に新潟県がしめていた。しかし、石川県の場合は富山、新潟と移住戸数が多い割には移住者が多くない。
その原因を考えると、雨竜への移住が開始される当初、富山、新潟にみられるような雨竜村との関係が石川県にはなかったからである」と書かれいる。

この表には石川県から明治31年に野村貞祥が入植し、現在も子孫の方が居住されていますが、出身地が書かれていないので分からりません。
石川県の鳥越村から十数戸が雨竜(北竜町を含む)に入植しているのですが、調査不足で入植した片鱗さえ見つけられませんでした。

« 2016北海道取材ノート(4) | トップページ | 2016北海道取材ノート(6) »

取材ノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084752/67014862

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年北海道取材ノート(5):

« 2016北海道取材ノート(4) | トップページ | 2016北海道取材ノート(6) »