« 2016年北海道取材旅行(13) | トップページ | 新篠津村長が白山市役所を表敬訪問 »

2016年9月20日 (火)

2016年北海道取材ノート(14)

平成28年7月 坂本木材工業(株)の社屋兼自宅と料亭鴨川跡地を訪ねて

平成28年7月27日、今回の旅は昭和39年に坂本竹次郎翁が天寿を、全うしその後それまで住んでいた坂本木材の本社を不二ビルに移転したのですが、会社兼自宅と料亭鴨川の跡地を訪ねました。

坂本竹次郎翁が亡くなる前の坂本木材株式会社の住所は札幌市中央区南12条西6丁目414でした。

車のナビで住所を入力して現地に向かうと一方通行路の道沿いにその建物がありました。
そこはエリエールスクエアー札幌の「渡辺淳一文学館」と書かれています。
20160727_115944                                   (渡辺淳一文学館)

20160727_115958                                   (渡辺淳一文学館)

エリエールはティシューペーパーやトイレットペーパで有名な大王製紙株式会社です。

坂本竹次郎は王子製の専属請負人であったが、現在の持ち主は同じ紙製品の会社であり、不思議な縁を感じさせるものでした。

館内に入り館長さんに来意を説明すると「この建物が建ってから18年になりますが、以前は坂本さんが持っていたと聞いています」とのことでした。
現在アスファルトで整地されている横の空地も以前は坂本さんのものでしたが今は分からないとのことでした。
20160727_120003                                    (隣の空き地)

20160727_120150                                 (文学館前の道路)

20160727_120038                                     (文学館前の道路)

入館料を払い、館内を見学する事にしました。
北海道生まれな気宇な文学者の一面に触れることができました。

外は坂本木材の籍年の歴史を流れさせるかのように雨が降り続き、私の調査活動も竹次郎翁の活動の地を訪ねたことで一旦休止したいと考えています。

« 2016年北海道取材旅行(13) | トップページ | 新篠津村長が白山市役所を表敬訪問 »

取材ノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084752/67533076

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年北海道取材ノート(14):

« 2016年北海道取材旅行(13) | トップページ | 新篠津村長が白山市役所を表敬訪問 »