« 石川県から石狩町花畔村への開拓移住者(9) | トップページ | 加賀団体による十勝地方への開拓移住者(1) »

2017年3月25日 (土)

石川県から石狩町花畔村への開拓移住者(10)

入植時の石川県の出身地名
石狩地区への入植時の出身地は石川県下の16町村に渡っていました。
その当時の出身地と現在の市町名を揚げておきますので参考して頂けたらと思います。
出身当時の町名          現在の市町名
江沼郡東谷奥村荒谷      加賀市山中温泉荒谷町
江沼郡東谷奥村今立、西袋  加賀市山中温泉今立町
江沼郡東谷奥村大土      加賀市山中温泉大土町
江沼郡東谷奥村新保      加賀市山中温泉上新保町
 ※記念誌では東谷奥村新保となっていますが、上新保と思われます。
江沼郡上河原崎村       加賀市河原町
 ※記念誌では上河原崎となっていますが、河原と思われます。
江沼郡庄村            加賀市庄町
能美郡串村             小松市串町
能美郡新丸村新保         小松市新保町
能美郡長野村字牛島       能美市牛島町
石川郡白峰村字白峰       白山市白峰
河北郡倶利伽羅村竹橋     河北郡津幡町竹橋
羽咋郡東増穂村里本江     羽咋郡志賀町里本江
羽咋郡椑造村             羽咋郡志賀町今田
羽咋郡子浦               羽咋郡宝達志水町子浦
鹿島郡滝尾村             中能登町小竹
鳳至郡南志見町字西山志   輪島市西山町

Img042Img041

 

新天地を求め上川郡江丹別への再移住
 花畔での開拓を完成させ予定存置を確定させた加賀団体であったが、花畔開拓が完了してから石狩国上川郡のエタンベツ原野の未開地90万8688坪の貸付を受け、この地に小作人を入れて開墾したと記録されています。

 道立文書館の資料では江丹別の開墾は明治34年とある。江丹別原野開墾、そして江丹別への再移住を決意した動機には明治30年の「北海道土地払下規則によって開墾成功後土地払下げが従来は千坪1円であったが無償となった事や花畔の土地の開墾成功によって土地を担保に入れることが可能となり、土地請願の資金調達がしやすい条件が整ったことによるものと推定されます。

石川県人の気質
 記念史の中で明治44年の北海道庁調査の「北海道と各道府県の関係」には石川県移住者の気質について「一般質素にして着実勤倹、よく業務に励むといえども、やや偏執(頑固)の評あるを免れず、いずれも仏教の信仰厚し。然れども酒を飲み賭博をなすもの少なからず、商業中にはすこぶる有為の人物あり」とやや辛口の評価がなされていると書かれています。
 花畔の開墾やその後の江丹別原野への再挑戦という、他の開拓者にはまねのできない行為には同郷の者として改めて敬意を表するものです。

 このようにして開拓された花畔村でしたが、明治35年には樽川村と花畔村が合併することになり、お互いから1字 ずつとって花川村となった経緯がありました。
 明治40年に石狩郡石狩町と石狩郡花川村が合併し、石狩郡石狩町となりました。
平成8年には市制をひき、石狩市となっています。石狩市役所も近くにあり、札幌市のベットタウンとして発展している町です。
平成24年(2012年)8月27日輪島市と友好都市提携を行っています。
 

« 石川県から石狩町花畔村への開拓移住者(9) | トップページ | 加賀団体による十勝地方への開拓移住者(1) »

石川県からの石狩町開拓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084752/69865431

この記事へのトラックバック一覧です: 石川県から石狩町花畔村への開拓移住者(10):

« 石川県から石狩町花畔村への開拓移住者(9) | トップページ | 加賀団体による十勝地方への開拓移住者(1) »