« 北桧山区の太櫓地区への布教活動の移住者達(2) | トップページ | 松本信幸氏の子孫の方を探しています »

2017年11月 4日 (土)

北桧山区の太櫓地区への布教活動の移住者達(3)

光玄寺の寺院商号は「真宗大谷派 潮騒山光玄寺」となっていました。
 光玄寺の左横には鳥居が建っており、神社がありました。帰ってから調べると言代主神社という神社でした。
 光玄寺様に訪問しましたが、住職さんは不在で詳しいお話を伺うことができなかったのですがこの地を訪れることで内心ほっとしました。太櫓海岸と光玄寺の全景を写真に収めてきました。

Img_1229_3                  (真宗大谷派 潮騒山光玄寺)
Img_1233
                       (駐車場より寺院を見る)

 太櫓海岸は約200m位の砂浜がある海岸で海水浴場になっていました。
 鰊漁が盛んな頃はこの海岸では網を使って直接漁を行い、活気のある風景だったのでしょうか?そんな思いを後にせたな町の図書館に向かいました。
Img_1231_2Img_1230_2Img_1232_2                  (太櫓海岸海水浴場)

 せたな町の役場は土曜閉庁となっており、せたな町情報センターに向かいました。
 情報センターの図書室の受付で来意を告げせたな町の町史の場所を聞くと親切にその場所まで案内してくれました。
Img_1224                          (せたな町役場)
Img_1225                   (せたな町情報センター)

 太櫓に関して色々な著書を調べてのですが、明治に石川県から太櫓に移住したとは書かれていますが、私の知りたい事柄については記述がありません。
 それでも、参考なればとコピーサービスをお願いすると。コピーは可能ですが、代金の支払いは月曜日に役場の方で支払いとのことだったので、コピーは断念しました。
 結局、図書館での収穫は著書の名前を書き写しただけとなり、図書総合貸借で借用して詳細を調べることにし、太櫓の調査を終了しました。

« 北桧山区の太櫓地区への布教活動の移住者達(2) | トップページ | 松本信幸氏の子孫の方を探しています »

小松からの開拓移住者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084752/72040055

この記事へのトラックバック一覧です: 北桧山区の太櫓地区への布教活動の移住者達(3):

« 北桧山区の太櫓地区への布教活動の移住者達(2) | トップページ | 松本信幸氏の子孫の方を探しています »