« 前田神社創立130周年記念誌を頂きました | トップページ

2018年10月27日 (土)

前田神社の氏子一行が尾山神社に参拝

平成30年10月24日 北海道共和町の前田神社の氏子総勢11名の皆さんが前田利家公を祀った金沢の尾山神社を参拝されました。

前田神社の始まりは明治17年に旧加賀藩士が岩内郡の犂野舞納原野に開拓移住したことに始まります。
同20年には安田守正が尾山神社の御分霊を奉持し前田神社を創建したことに始まります。
平成29年には前田神社創立130周年の創立記念行事で尾山神社より加藤宮司を招き「前田神社130周年記念奉告祭」を催行しています。
今回はそのお礼を兼ねての石川県の旅行となって来沢されました。

前田利家公をお祀りしている神社は尾山神社と北海道の前田神社だけとの事で、縁がとても深い関係です。

平成16年には金沢市の二塚地区の有志の方々が共和町を訪問し、二塚地区より金沢市議会議員の中西利雄氏ほかの方々が開拓移住した子孫の方と交流しました。
また、平成21年には前田神社の氏子総勢21名が金沢の地を訪れ、二塚地区の方とも交流されています。
今回の訪問でも金沢市議会議員の中西利雄氏ほか2名の方が尾山神社で再会されています。

25日には白山市の白山比咩神社を参拝されました。
白山比咩神社は北海道神宮と職員の交換研修が行われており、岩内神社の宮司さんから是非「白山比咩神社」を参拝するようにと推挙があり、白山比咩神社の参拝となりました。
私達夫婦が待っているとバスで前田神社からの一行が到着、神社からも2名の方が迎えに来られていました。
神社総代の石動氏と今井氏と久しぶりの挨拶と懇談しました。
参拝後はバスで兼六園を観光し、輪島各地を観光した後宿泊。
翌26日は朝市を見て小松空港から帰路につきました。

今回は報道機関の取材は連絡しなかったせいか、取材はありませんでした。
取材依頼を入れを置けばと悔やんでいます。(記事になれば紙面として残るから)

金沢とつながりが深い前田地区ですが、もう少し金沢市と人的交流が出来れば良いのにと思うばかりです。

« 前田神社創立130周年記念誌を頂きました | トップページ

旧加賀藩士が作った前田村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084752/74477904

この記事へのトラックバック一覧です: 前田神社の氏子一行が尾山神社に参拝:

« 前田神社創立130周年記念誌を頂きました | トップページ